対象者


子供の発達の土台作り

出張体験会、各地でのスクール開設、保育園や小学校での定期的なトレーニングをしています。
子どもたちへ

子どもたちへ


こんなことで困っていませんか
チェックしてみましょう!

□ 本を読むときに行を飛ばしたり同じ所を何度も読んだりする。
□ 頭を傾けたり、横目で見たり、姿勢が悪かったりする。
□ 視力はいいのに、ピントが合わなかったり、2重に見えたりすると言う。
□ 文字をノートに書き写すのが遅い、行からはみ出す、字が汚い。
□ ダンスや体操で、真似をして体を動かすのが苦手。
□ 運動や球技が苦手。
□ 手先が不器用。
□ 集中力がない。
□ よく転んだり、ぶつかったりする。
□ 初めての場所や初めてのこと、切り替えが苦手。
□ 黒目の位置が左右ずれている。
□ 左右の認識がはっきりしていない。



上記でチェックが多かったお子さんは・・・

子どもたちへ

子どもたちへ




大人からシニア向けセミナー・体験会






スポーツ選手のために

プロのスポーツ選手やスポーツ強豪チームは、ほとんどがビジョントレーニングやメンタルトレーニングを取り入れています。



スポーツビジョンとは一つの能力ではなく、複数の視機能で形成されています。同じ視覚であっても、遠くの静止した目標物を見る能力と、目の前を素早く通過するものを見るのでは、異なった視能力が求められます。視機能としては以下のものがあります。

●静止視力
●動体視力
●両目のチームワーク
●コントラスト感度
●眼球運動
●深視力
●瞬間視
●眼と手,足の協応動作

上記のうち、静止視力とコントラスト感度以外はトレーニングによって高めることができます。