【トータルビジョントレーニング サポーター養成講座のご案内】

ビジョントレーニングは様々な分野で活用できます。

子供の発達のサポートや、学校や保育園、療育の現場で。

スポーツ選手のために。

生活の質の向上のために。


視覚と視力の違いやビジョントレーニングとは何か?
どのようにトレーニングをしたらいいのか?を実践的トレーニングを取り入れて学ぶ講座です



トータルビジョントレーニングは、
○ビジョントレーニング
○メンタル
○右脳、コーディネーショントレーニング
をトータルして提供しています。

この講座で、目のチェックの仕方を学びます。
相手の視覚機能の苦手が分かるようになり、子育て中の方、子育て支援者や、教育関係者、スポーツ指導者の方々にとっても実際の現場で活用できるようになります。


何より、自分自身のことを理解し、苦手の改善のための方法に気付くことができるでしょう。


その他、スポーツ指導に活かすことで、パフォーマンス向上を実感していただいたり、車の運転がしやすくなった、目の疲れが楽になったとご報告を頂いています。


サポーター認定を受けられた方は、次のスキルアップとして『トレーナー養成講座』を受講することもできます。
保育園や小学校での定期的なトレーニング提供、教室開設、トータルビジョントレーニング協会より体験会トレーナー派遣など、活躍の場が広がります。


✴『トータルビジョントレーニング サポーター養成講座』✴
日時 2月17日(土曜日)
10:00~16:00

場所 青森市 エジソンキッズ(青森市新城字山田436ー2)

受講料 30000円(資料、教材費、昼食代込)

サポーターの方は、再受講可
3000円(昼食代別)


 サポーター認定料別 5,000円(当日申し込み可)


※申し込み締め切りは、2月12日


※トータルビジョントレーニングサポーター養成講座を受講した方は、トレーナー養成講座に進むことができます(任意)



申し込み先 トータルビジョントレーニング協会のメールへ

住所
氏名
電話
メールアドレス
職業

以上をお知らせください。     

週末は、スポーツビジョン&地域団体様へ

最近の週末は、講座や体験会やMVCプログラムトレーニングであちこちへ

まず、土曜日はサッカーチームのスポーツビジョン。
選手と、その保護者、監督が参加しました。

視覚機能が苦手だとパフォーマンスにも影響があります。
初めてビジョントレーニングを取り入れたトレーニングを体験すると、選手たち本人も自分の苦手に気がついたりします。

ビジョントレーニングでもっともっと、のびるはずと感じます。


日曜日の午前は、市の助成金事業として毎月開催している団体様へ。
新聞に告知されたこともあって、老若男女60人ほどが参加してくれました。

先月に引き続き参加された方もいます。
そして、変化が見られます!
地域の方を元気にしたいという思いは、会場の雰囲気からも伝わります。

今回ビックリしたことは、年代層が幼稚
園児~80代まで参加した瞬間視記憶で、最後に7桁までの数字を記憶できた6人の中に、80代の方がいたこと。

脳は、何歳からでも能力アップします❗
も~ とことん、信じます❗❗
脳の活性化にもビジョントレーニングはいいのです。

夕方からは、カーリングチームのトレーニング。
今回のメインは、メンタルトレーニング。
脳と目の関係、潜在意識と顕在意識について。
目標達成や、なりたい自分になるための、ワーク。
イメージ力が大事!
空間認知と、目と手の協調性。
2時間があっという間です。

毎回、選手達は試合後に駆けつけます。
そして、いつも真剣に取り組んでくれます。

イメージ力とはどんなこと?
それを理解した後は、目標を書き出すペンが止まらないほど、たくさんのなりたい自分が出てきます。

この真剣さに応えるために、トレーナーとしても日々勉強、日々成長したいと願っています。


週末に、たくさんの方にお会いして、
嬉しかった言葉、ベスト・・・・6は✨✨✨

☆ この前の大会で、決勝戦は結構な差で勝てたんですよ👌

☆ 前回よりも、何だかできるようになっている自分にビックリ!😲

☆ 前回、とても評判が良くて、みんな楽しみにしてましたよ🙌

☆『本当に良いから行ったらいいよ、と姉に誘われてきたの』😊

☆ 目がスッキリする!👀

☆ トレーニング日はいつですか?子供を通わせたいです。


来月は、どんなビックリに出合えるのでしょう。

中学生へのマンツーマントレーニング

2月3日、宮城開催の体験会と講座のお申し込みをありがとうございます!
人数制限があるので、興味のある方はお早めにお申し込みください😊


先日、トレーニングを受けている中学生の親御さんから、嬉しいご報告をいただきました。

その子には、マンツーマントレーニングをしてきました。
仲間と共に成長できる部活動が大好きで、高校も出来れば同じ学校に行きたいと願っていました。
学力が心配で、何とかして希望を叶えたいと塾にも通っていましたが、なかなか伸びません。
理解力がないことで、友達にも『そんなことも分からないの?!』とよく言われていました。

お母さんからは、
話していることを聞けない、理解してないようだということと、学校の勉強もできない教科はほとんどノートをとることも難しいということでした。

初めに会ったときに感じたのは、
このこはきっと、伸びる!頭も悪い訳じゃない!
視覚の苦手を理解して、ビジョントレーニングを続けて、原始反射の統合、右脳トレーニングもしたら霧が晴れるように理解力が増すだろうと思いました。
何よりも素直です。
お母さんも、本人にもプレッシャーをかけることなく、あたたかく見守っています。
そして、一緒になって楽しくトレーニングをしてくれました。

お母さんから届いたメールには、短いけれど、その子の心と行動の変化が書かれていました。
本人がトレーニングを通して、自信を持てたことで、今まで諦めていたことにも取り組めるようになったのです。
本当に良かったです!
身近に、良き理解者がいてくれること。
能力を決めつけないで可能性を信じてくれる人がいること。
それは、子供たちのエネルギーになります。
そんな大人がまわりにたくさんいてくれたらと願います。

お母さんからのメール
『 この前面談で、担任の先生に嬉しい言葉をかけてもらいました。
前は出来なかった数学のノートもとれるようになりました。
課題がみんなより遅れていても終わらせようと努力して、頑張ってるということ。
わからないことをごまかさないで最後まで頑張ってるということでした。

家でも少しずつ変わってきたかなと思います。

部活の方でも、監督の先生からも変化を褒めてもらいました。
素直にアドバイスを聞いてその通りにやるようになったので、だいぶいい調子で伸びてきているという事でした。

出会えたこと、トレーニングを受けられたこと、本当によかったと感謝です。
時間取れそうになったらまた連絡しますので、よろしくお願いします』