ある日のトレーニング風景

ある日のトータルビジョントレーニング

視覚機能に苦手があると、体のバランスやリズム感にも影響があります。

みんなで跳ぶ大縄跳びって結構難しかったりします。

A君、タイミングが合わずになかなか入れず。
入っても、真っ直ぐにバランスを保てずしゃがみこむ。
跳ぶタイミングがずれて、引っ掛かる😓
なんて、感じです。

子供達がみんなで決めた『目標、続けて6回跳ぶ』がなかなか出来ません。

やり方なんて教えません。
どうしたらいいかはみんなで考えましょう!をその日も貫きます。

『作戦会議して~』
『縄跳びに入る順番はそれでいいの~?』
だけ言います。

A君、隅っこにしゃがみこんで顔が強ばってます。

その時

K君登場。
『先生!縄を回すのをこっちの線の上にして』
『Aくん、この線まで入って線の上で跳んだらいいよ』
と、言いました。

な、なんてこと
A君は怖がって、縄の端っこで跳んでいたのです。
それも、跳んでるうちに場所もだんだんずれていました。
それをK君は、ちゃんと見ていたのです!

不覚にも、Kくんに言われて初めて気がつきました。

『わ、分かりました!縄回し隊、移動します』
もちろん、回してる私とノリさん、素直に線上に移動しましたとも。

そして

みんな真剣。
A君が最後に入ってからカウント、1回、2回、3回・・・・

6回!やったー

たった6回なんて、誰も思わない。
最高の6回!

倒れこんでるA君はへとへと。
だって、最後は四つん這いになって跳んでいたから。

まるで、やりきったオリンピック選手のようです。

見ている大人もみんな拍手喝采です!

毎回、いろんなことがあって、毎回子供達に教えられています。

ありがとう!

これからも寒さに負けずに楽しもうね