講演会 『人間と地球は脳波で繋がる』

〈講演会のご案内〉

『人間と地球は脳波で繋がる』
~奇跡の地球共鳴波動~

脳波は、ベータ波、アルファー波(さらに3つに分けられる)、シータ波、デルタ波と大きく分けて4種類あります。

多くの人は自分の脳波を測定したことがないと思われますが、特殊な能力を持っている人の脳波にはある特徴があるとされます。

志賀一雅氏によると、測定を重ねていくと10㎐のミッドアルファー波に加え、7.8㎐のスローアルファー波が強く観察されることが共通の特徴であることが分かりました。

また、不思議現象と言われるものが7.8㎐でつながり過ぎているというのです。

原因や理由は分からなくても、奇跡的というような活動をする人は、7.8㎐に関係してのではないかと思われるのです。

実はこの7.8㎐は、地球を取り囲むバンアレン帯の電磁層の振動だったのです。

人間は生まれて以来ずっと、7.8㎐の電磁波を浴びて生活していて、脳波はその影響を受けているということになります。
つまり、私達はこの揺らぎの中で進化し成長してきたことになります。

講演の中では、脳波に見る不思議現象を様々な特殊能力の方の具体例を元に紐解きます。

また、それぞれの脳波の特徴と、身体的、精神的にどのような関連性と影響があるのかを理解し、自分自身のメンタルケアのヒントにします。

日時 5月26日(日曜)10:00~12:00
場所 アピオ青森 大研修室1
受講料 3,000円 当日徴収
定員 50人

お申し込みは、ホームページのお申込みお問い合わせから。
「5月26日 講演会希望」と明記してください。

終了後には、希望者に志賀先生が開発したニューロフィードバック装置を使った個人の脳波測定をします。
①12:40~
②13:00~
③13:40~
④14:20~
それぞれの時間帯2名ずつ、測定装置2台で対応
一人30分(先着順)
料金 受講料の他に3,000円 当日徴収
※予約を受けますので、申込みください。


《講師》志賀一雅 能力開発研究所相談役
PCを用いた脳波分析装置を開発し、大学や企業の研究所へ提供。
アルファー波を指標としたメンタルトレーニングで、日本航空、日本IBM、NTTなど大手企業の能力開発研修において高い評価を得る。
文部科学省より委託を受けメンタルヘルス・能力開発プログラムを開発。

著書 「奇跡の《地球共鳴波動7.8ヘルツ》のすべて」では、不食の人 秋山佳胤さん、エスパー 清田益章さん、手当療法 もりやまはじめさん、自動書記 中田良恵先生など様々な方の脳波の具体例を紹介。著書多数

2015年にはステージ3の大腸ガンを克服し、現在も様々な活動を実施している。